第106回島根大学総合博物館市民講座「石見銀山の輝きの源を探る」(まつえ市民大学連携講座)のご案内【9/8】

2018年8月30日

 平成30年度島根大学総合博物館市民講座第1ステージ「石見学II-世界遺産・石見銀山とその周辺-」(まつえ市民大学連携講座) の最終回です。この講座は、2007年に世界遺産に登録されてから今年で11年目となる「石見銀山」や近隣の江の川流域の歴史について、改めて学びなおします。
 今回は、大量の銀を産出した石見銀山・仙ノ山の地質学的な特徴について、分かりやすく解説していきます。
 どなたでもご予約なしで聴講できます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

主催:島根大学総合博物館
共催:まつえ市民大学
対象:市民一般・高校生
講師:中村唯史(島根県立三瓶自然館学芸員・島根大学嘱託講師)
日時:2018年9月8日(土) 13:00~14:30
場所:松江スティックビル(松江市白潟本町43番地) 
   松江市市民活動センター 201・202研修室
その他:
・参加費無料
・申込み不要

・受講者は、スティックビル駐車場料金が1日¥200に割引になります。

チラシ

 

地図

会場

お問い合わせ

企画広報情報課
研究・学術情報機構 総合博物館
電話:0852-32-6496