研究活動に関する研究者の行動指針

 島根大学は,大学憲章に基づき,学術の中心として深く真理を探究し,学問の自由と人権を尊重し,教育・研究・医療を通して,自然と共生する豊かな人間社会の構築に寄与するとともに,国際社会の平和と発展に貢献することを理念とする総合大学である。

 こうした理念のもと島根大学の研究者は,社会から大きな信頼を得て,科学を発展させ次代の人材を育成することを自らの責務とするという認識のもと,高い倫理観を持って研究活動を行うことが求められる。そのための島根大学の研究者の研究活動に関する行動指針を以下に定める。

  1. 研究者は,真理探究の精神を堅持し,学問の自由の下に,自由な着想に基づき,多様な学術研究を主体的に推進する。
  2. 研究者は,自らの研究活動を通して,人類の健康と福祉,社会の安全と安寧,地球環境の持続性に貢献する。
  3. 研究者は,人権や人格を尊重するとともに,適正な研究環境を構築し,社会的規範にもとることなく,自己規律と高い倫理観を持ち,公正に研究活動を推進する。
  4. 研究者は,自らの研究の成果が自身の意図に反して軍事への寄与に繋がる可能性もあることを認識し,広く社会に許容され得る適切な判断と方法を常に自省しつつ研究活動を行い,社会の平和的かつ持続的発展に貢献する。
  5. 研究者は,精確な資料に基づいて研究成果を広く公開し,科学者コミュニティ及び社会との対話を通して,学術を健全に発展させる。

 以上の指針に則り,島根大学の研究者は真摯に研究活動に取り組み,社会からの信頼と負託に応えることを責務とする。