自然災害軽減科学プログラム(8単位)

島根大学では、各学部の学科又は課程の専攻に係る分野以外の特定分野について、授業科目を体系的に編成することにより、学生の多様な興味関心に即したプログラムとして「特別副専攻プログラム」を展開しています。学生が多元的理解力、複合的な専門知識及び学際的な視野を身に着け、柔軟な発想力や応用力、総合的理解力を醸成することを目的としています。

 

日本では地震,津波,火山,洪水など,さまざまな自然災害が発生しています。山陰地域をとってみても,地すべりや洪水などの災害が多く発生しています。こうした状況を踏まえると,災害や災害を軽減するための知識とその利活用は重要です。本プログラムでは,自然災害についての基礎的知識を修得し,その知識を利活用できる人材の育成を目指したプログラムです。

 

プログラムを構成する授業科目

科目区分 分類 授業科目名 単位数 必修 選択
全学共通教育科目/教養育成科目 発展科目 自然科学分野 コア科目 山陰地域の自然災害  
入門科目 人文社会科学分野 選択科目 山と日本人  
自然科学分野 地球と人間生活
地域開発と水環境
発展科目 学際分野 フィールドで学ぶ「斐伊川百科」
全学開放科目 自然地理学概論
自然地理学特論
地理情報システム
自然災害科学概論
自然災害学
合   計

※令和元年度以前に入学した者で,「プレートテクトニクス」を修得した者は,修了要件単位数に含めることができる。

 

修了要件

次の要件をすべて満たすこと。

所属する学部・学科又は課程の卒業要件を満たすこと。

上記履修表により履修し,コア科目(必修)2単位,選択科目(選択)6単位以上の合計8単位以上を修得すること。

 

 

 

 

お問い合わせ

教育企画課